車の鍵が見当たらなければまず鍵屋へ~スキー場でのトラブル対処法~

車の鍵を紛失した場合はどうすれば良い?

鍵

スキー場に行ったときに車の鍵を失くしてしまった!というケースは案外少なくありません。その中でもよくあるのが、ポケットに入れっぱなしで滑り、ゲレンデに落として見つからなかった……というケースです。車の鍵を紛失してしまうととても焦ってしまいます。そんなときは一度落ち着いて、鍵屋に連絡をして駆けつけてもらいましょう。

スキー場で起こる鍵紛失時の対処

見つかる可能性は極めて低い

毎年ウインターシーズンになると、全国各地にあるスキー場が大きな賑わいを見せます。実はこのスキー場、ある1つのトラブルを起こしやすい場所でもあるのです。そのトラブルとは、ずばり「貴重品の紛失」です。ポケットに入れておいたはずの携帯電話や財布が気付いたら無くなっていた……というケースは結構多いのです。なくしたものが小銭やアクセサリ類ならまだしも、鍵のような貴重品であればかなり大変です。スキー場のスタッフにその旨を伝えたとしても、鍵のようなサイズ的に小さいものは、見つかる可能性がかなり薄めです。

見つからない場合は即座に鍵屋を呼ぶ

スキー場で鍵を紛失してしまった場合は、鍵屋に連絡しましょう。スキー場での鍵の紛失、車への鍵の閉じ込め(インロック)など、鍵に関する様々なトラブルをスピーディーに解決してくれます。鍵開けであればだいたい8,000円で、鍵作成であれば15,000円くらいで受け付けてくれるでしょう。鍵作成は、イモビライザー付きの車も含め、ほとんどの車種に対し1時間程度という短い時間で済ませてくれます。鍵屋の中には24時間体制で受付をしているところもあるので、スキー場で鍵に関するトラブルに見舞われた場合はすぐに鍵屋に連絡しましょう。熟練の技術を持つスタッフがすぐにそのトラブルを解決してくれるはずです。

本当に鍵がないことを確認した上で鍵屋に連絡

鍵をなくしてしまったと思ったとき、人はちょっとしたパニックに陥ります。そこで慌てて鍵屋に連絡をする方もいますが、鍵屋が現場に到着する前に鍵が見つかってしまった場合、出張費用が発生してしまいます。そのようなことにならないよう、鍵をなくしてしまったと思っても、まずは落ち着いてしっかり周りを探してみましょう。

スキー場で車の鍵を紛失してしまったときの初動対応

鍵を紛失してしまった場合、大抵の人が慌ててしまいます。しかし、慌てたところで鍵が見つかることはありません。むしろ冷静な判断が取れなくなってしまいます。こういうときに意識すべき、2つのポイントを紹介します。

「焦らない」ことが肝~解決へ導くQ&A

パニックになり何から手を付けたら良いかが分かりません。どうすればいいでしょうか?
鍵を紛失してしまったとき、大抵の人は焦ったりイライラしたりしてしまいます。そのような状態に陥ると判断能力が鈍ってしまいます。こうなると見つかるものも見つかりません。まず一度深呼吸をし、気持ちを落ち着かせましょう。
鍵の紛失で多いケースなどありますか?
入れておいたはずの場所に鍵が無いと分かっても、すぐに「なくした」と決めつけないようにしましょう。再度そこを探したり、ポケットや荷物など鍵を入れそうな場所をくまなくチェックしたりしましょう。私物の隙間に埋もれていたり、友人に預けていることを忘れていたり……といったケースは案外少なくありません。
TOPボタン